ODEXからのお知らせ

印刷

年頭所感

2022-01-04

 新春を迎え、謹んでお慶びを申し上げますとともに、旧年中に賜りましたご厚誼に心より御礼申し上げます。

 新型コロナウイルスの感染拡大から約2年、昨年も混乱の中に過ごされた方も多いかと存じます。社会・経済ともに、まだまだ完全なる復調は見えない中ではありますが、一方で、我が国においては、ワクチン接種の進展、緊急事態宣言の解除、足許では感染者数の大幅な減少がみられるなど、明るい兆しも見えてまいりました。世界規模の感染拡大リスクを見据えつつ、慎重な舵取りが必要な時代となりました。

 昨年は、当社におきましても大きな変化の1年でございました。昨年 4 月 1 日には、商品先物市場を取り巻く多様な環境の変化に対応すべく、組織体制を刷新し、株式会社組織として新たなスタートを切り、経営基盤の充実・強化を図ると共に、事業計画に沿った新商品の上場に向け全力を注いでまいりました。

 当社としましては、株式会社堂島取引所として初めて迎える新たな年に、貴金属先物を始めとする多様なジャンルの新商品の上場を実現させるべく、皆様方のご助力・ご指導を仰ぎながら、引き続き、一丸となって邁進していく所存です。

 更には、国際金融都市構想に名乗りを挙げた大阪に本拠を置く取引所として、世界の先物取引発祥の地である大阪・堂島の歴史と伝統を受け継ぎ、多様な市場参加者のニーズに応え、国内外のマーケットの健全な競争に貢献する総合取引所の実現を目指し、力強く歩みを進めて参る所存でございます。

 最後になりますが、本年が皆様方に取りまして幸多い年となりますようお祈り申し上げ、年頭のご挨拶とさせていただきます。


令和 4 年 元 旦
株式会社堂島取引所
代表取締役社長 中塚一宏

© 株式会社堂島取引所

↑